SharePoint 2013 でも URL が長すぎる(1500文字程度)ファイル/フォルダはクロール出来ない

SharePoint 2007 では、ライブラリで日本語名フォルダを深く階層にした場合など、エンコード後の URL が長すぎてそのファイルはクロール出来なくなる問題がありました。なにしろ公式で「URLを短くして下さい」以外の対応方法がないという、わりと深刻な問題でしたので、最新の SharePoint 2013 ではどうなのか?実環境で調べてみました。

なお、テストは Office 365 (E3)と、Windows 8 上の IE10 という環境で行っています。

ライブラリに「日本語25文字のフォルダ」を作成し、その階層に「連続する英数字のユニークなファイル」を配置します。画像ファイルとワード文書にしました。あとはこれを階層化して、どのファイルまでが検索結果にヒットするかを確認します。

が。ここで面白いエビデンスがひとつ。順調にフォルダを増やして175全角文字目、実際の URL では 1860 文字のフォルダにファイルをアップロードしたところ、そのファイルのホバーパネルはきちんと表示されるものの、コンテクストメニュー(…)がクリックしても反応してくれなくなりました。

また、画像ファイル(PNG)のホバーパネルから[編集]をクリックしたところ、URLが長すぎると怒られました。

加えて、もう一階層、とフォルダを作成して開いたところ…

この問題は別のフォルダを作成しても再現したため、仕様(SharePoint 2013 もしくは私の環境との兼ね合いで発生する)だと思われます。

この時点で「SharePoint 2013 でもフォルダを(特に日本語のフォルダ)をあまり深く階層にしてはいけない」という実運用面での結論は出てしまいましたが(苦笑)当初の目的に即して、検索を確認します。

念のため、ライブラリの詳細設定から、インデックスの再作成を行いました。

これは SharePoint 2013 の新機能で、次のクロール時に、特定のコンテンツだけをフルクロールさせるようなイメージです。こういう時には便利ですね(エンドユーザーに多用されると負荷が怖い気もしますが)。

なお、オンプレミスの SharePoint 2013 では 15分間隔(デフォルト/変更可能)、Office 365 のチームサイトでは 5 分(変更不可)で「継続的クロール」が実行されています。

さて、まずはライブラリのルート階層のファイルを検索します。当然、問題なく、期待通りの結果が返ります。

100 文字相当のフォルダ階層を検索。これも問題なし。

では 125文字相当です。来ました! 嬉しくありませんが…

これより深い階層はすべて検索結果に表示されませんでした。フォルダの実 URL を確認すると、1634 文字。やはり 1500 文字問題は SharePoint 2013 にも存在するようです。

なお、面白いことに同じ階層に保存した画像(PNG)ファイルはきちんと検索にかかります。これは、非 Office 文書(画像?)は[開く]が直接ファイルではなく、プロパティ画面(/DispForm.aspx?ID=n)に繋がっていることに関係しているようです。

なお、実際に「1500文字」のフォルダ階層がどの程度になるかと言うと、下くらいです。エンドユーザーによっては充分あり得ます。日本語のフォルダ/ファイル名は、エンコードされると1文字→9文字になるため、この問題が顕著ですね。どう説明したものか悩ましいところです。

http://server/site/subsite/DocLib/これはテストです/テストフォルダ/テストサブフォルダ/テストなので無視して下さい/テストと書いて試験中と読みます/シェアポイントマニアックス/マイクロソフトオフィスシェアポイントサーバー/エンタープライズエディション/SharePoint 2013でも問題が再現してしまうことは非常に残念です/フォルダは短く簡潔な名前にしましょう/英数字推奨です.doc

参考:
SharePoint 2013のシステム要件に関する TechNet の記事
URL パスの長さ制限 (SharePoint Server 2010)
IIS 7.0 でホストされている Web サイトを参照してくださいするときに、エラー メッセージ:”HTTP エラー 404.14-URL_TOO_LONG”


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity