検索範囲から特定のリストタイプを除外する

検索範囲を定義する際、特定のリストタイプを指定して 除外/包含/必須 を指定するには以下の指定を行います。

contentclass = STS_List (カスタムリスト)
contentclass = STS_List_850 (ページライブラリ)
contentclass = STS_List_Announcements (お知らせ)
contentclass = STS_List_Contacts (連絡先)
contentclass = STS_List_DiscussionBoard (ディスカッション掲示板)
contentclass = STS_List_DocumentLibrary (ドキュメントライブラリ)
contentclass = STS_List_Events (予定表リスト)
contentclass = STS_List_GanttTasks (プロジェクトタスクリスト)
contentclass = STS_List_GenericList
contentclass = STS_List_IssueTracking
contentclass = STS_List_Links (リンクリスト)
contentclass = STS_List_PictureLibrary (画像ライブラリ)
contentclass = STS_List_Survey (アンケート)
contentclass = STS_List_Tasks (タスクリスト)
contentclass = STS_List_WebPageLibrary (Webページライブラリ)
contentclass = STS_List_XMLForm (フォームライブラリ)

contentclass = STS_ListItem
contentclass = STS_ListItem_850
contentclass = STS_ListItem_Announcements
contentclass = STS_ListItem_Contacts
contentclass = STS_ListItem_DiscussionBoard
contentclass = STS_ListItem_Events
contentclass = STS_ListItem_GanttTasks
contentclass = STS_ListItem_GenericList
contentclass = STS_ListItem_IssueTracking
contentclass = STS_ListItem_Links
contentclass = STS_ListItem_Survey
contentclass = STS_ListItem_Tasks
contentclass = STS_ListItem_XMLForm

List と ListItem の違いは、List はリストそれ「自体」を含み、ListItem はアイテム(あるいはファイル)のみを指す、という点です。

例えば、あるサイトで情報が複数のお知らせリストに纏められていて、その情報だけを検索対象をしたい場合(つまり検索結果にリスト自体へのリンクを表示させたくない場合)、条件に contentclass = STS_ListItem_Announcements を利用することでこれが可能になります。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity