検索範囲の規定値を「このサイト:」「このリスト:」に変更する

SharePoint の画面右上にある標準の検索ボックスですが、既定の範囲は必ず「すべてのサイト」なんですよね。これ、煩わしいと思われませんか?

大抵のシーンにおいて、そのサイトに情報があるだろうと思って、そこに入っている訳ですから、検索対象は「現在のサイト及びその配下」でいい。同じ理屈で、リスト(ライブラリ)に情報があるのだから、そのまま検索させて欲しい。

これまでは、必ず検索範囲をドロップダウンから切替える必要がありました。
たかがひと手間ではありますが、直感的とは言えません。
ユーザからの「検索が使いにくい」との評判のひとつの原因でもありました。

しかし、実は設定ファイルを少し書換えてやれば、この規定値を「このサイト:」「このリスト:」に変更することが可能です。

設定ファイルは C:¥Program Files¥Common Files¥Microsoft Shared¥web server extensions¥12¥TEMPLATE¥FEATURES¥OSearchEnhancedFeature 配下にある、SearchArea.xml です。

実際に変更する前に必ずバックアップは取りましょう。

このファイルを、エディタで開くとこんな感じ。
非常にシンプルです。

この XML に次の一行を加えるだけです。
ShowDD_DefaultContextual

変更を保存したら、IIS を再起動して下さい。これで、「このサイト:」「このリスト:」が検索範囲の規定値になります。

実はこの問題、相当以前に試行錯誤して、結局頓挫していたんですよね。日付を見てみたところ、なんと 2007年3月でした。SharePointバージョンアップ当時です。二年半越しですよ。

SharePoint 2007 検索範囲の規定値を変更する(したい)

これはすこぶるお勧めです!

Make “This Site: Site name” the default scope in search drop down


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity