SharePointで利用できる「超」高機能掲示板「Infonote」

「リスト(掲示板/Webフォーム)」と「ライブラリ(書庫)」はSharePointの重要な基本機能ですが、このうち「リスト」はどちらかといえばWebフォームとしての色合いが強く、いわゆるコミュニケーションツールとしてはやや貧弱です。

既読未読が分からない、添付がしづらい(ドラッグ&ドロップできない、文末にしかつかない)、リアルタイム検索がない、ディスカッション掲示板でしか階層構造を持てないが、ディスカッション掲示板は添付に気づかない…等々。ユーザの方なら、少なからず不満があるところでしょう。

まあ、確かにそれが業務に「必須」か、という言われれば、なかなか難しいところなのですが。しかし、現実問題として必要になる場合もあります。特に、他システム/グループウェアからSharePointへの切替をすすめる際、この「コミュニケーションツールとしての掲示板」の弱さが、エンドユーザ展開で障害になるケースは少なくないようです。

さて、前置きが長くなりましたが、そうしたニーズに応えるのが、インフォシェア社が開発したSharePointアドオン、「Infonote(インフォノート)」です。

Infonote は標準のディスカッション掲示板を「超」拡張するソリューションで、SharePoint 2007/SharePoint 2010 対応です(残念ながら Office 365には未対応)

機能的には、前述の「既読未読」や「ドラッグ&ドロップで本文中に自由に添付」など、SharePoint 標準機能の上にユーザが「やや不満」に感じるであろう様々な機能がオンされています。画面ショットを見れば一目瞭然ですが、もはや原型をとどめていません(笑)

ただし、あくまでディスカッション掲示板を拡張するため、実は導入後に標準リストに戻すことも可能です(カスタムリストテンプレートではない)。これは結構、重要なポイントですね。もちろん将来のバージョンアップが100%保証されている訳ではありませんが(まだ次製品がないので)、理論的にはまず問題ないでしょう。

Infonoteの機能は Silverlite で実装されていて、そのため、クライアントPCに Silverlight のインストールが必須要件になります。ここがこの製品の一番苦しいところかもしれません。

とはいえ、このスムーズな添付&画像貼込を見てみて下さい。


※サムネイルでネタバレしている…orz

こうしたファイル/画像の貼込みができるアドオンには、ウチで取扱いさせて頂いている SharePointBoost社の「リッチテキストブースト」もありますが、やはりドラッグ&ドロップの手軽さは素晴らしい!

なお、実際のアップロード(サーバ)はアイテムの保存時にまとめて行われますので、編集中はストレスがありません。また、ファイルはアイテムに添付されるのではなく、予め指定したライブラリ/画像ライブラリに保存されるため、フロントエンドサーバへの負荷は最低限で済むのもポイントです。

その他の製品紹介動画はこちら:
InfoNote for SharePoint (1. 様々なインターフェース)
InfoNote for SharePoint (2. 既読未読管理&各種検索機能)
InfoNote for SharePoint (3. マーク&検索結果からの逆引き)
InfoNote for SharePoint (4.画像やドキュメントのドラッグ&ドロップ)
InfoNote for SharePoint (5.画像やドキュメントのライブラリへの仕分け)
InfoNote for SharePoint (6.Outlook連携)
InfoNote for SharePoint (7.設定&ディスカッション掲示板連携)

難点があるとすれば、前述の通り Silverlight が必須であることに加え、個別アイテムに権限を設定することが出来ないことでしょうか。ただ、権限については将来的には対応されるかもしれません。

あと、高機能だけにお値段もそこそこです。フロントサーバ台数によるライセンスで、価格はオープンですが、実勢としては残念ながら10万、20万ではないですね~。弊社でもお取り扱いさせて頂いておりますので、きちんとお見積もりさせて頂くこともできます。お問い合わせください

個人的には、この製品が活躍する一番のケースはやはり、他グループウェアからの乗換だと思います。特にノーツからSharePointに移行を検討されている方は、掲示板の使い勝手でかなりハマる筈ですので、あわせてご提案したいですね。

あとは、SharePointのエンドユーザへの浸透がイマイチ、という方で、今後SharePointをコミュニケーション基盤としてより推して行きたいような場合。いずれも、エンドユーザの(ある程度の)使い勝手が重要になりますので、Infonoteが活躍すると思いますよ。

インフォシェア株式会社


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity