SharePointから外部サイトへのリンクの履歴を拾う

SharePoint 外のWebサイトやシステムへのリンクは、当然ながらクリックされても、SharePointのアクセス履歴やIISログには記録されません。しかしユーザから「クリック数を知りたい」と要望されることもままあります。

こうした場合、基本的にはリダイレクトを活用した対応が簡単です。

例えば、HTMLファイルのヘッダーにリダイレクトを記述し、そのURLをリンクリストに登録します。この場合、このHTMLファイルへのアクセスが記録される仕組みです。

ですが、普通のエンドユーザがHTMLを都度書き直す運用をしてくれるか。
マニュアル等を用意すれば、無理ではないと思いますが…。

もう少し、SharePointらしい(?)運用があります。

それはライブラリの「ドキュメントへのリンク」です。SharePoint 2007 でも、2010 でも使えます。

ライブラリで「コンテンツタイプの管理を許可」します。

「既存のサイト コンテンツタイプから追加」

「ドキュメントへのリンク」を追加します。

ライブラリに「ドキュメントへのリンク」を登録できるようになります。

この「ドキュメントへのリンク」は、プロパティで指定したURLへのリダイレクトを行う .aspx ファイルですので、標準のレポートや、IISログに「ユーザアクセス」として記録されます。ファイル名も、リンク先が判りやすい日本語にしておくと、管理上便利でしょう。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity