SharePoint 2013 の新しいリスト「注目リンク」

SharePoint 2013 で作成したサイトにはじめてアクセスすると、こうしたメトロ風デザインのアイコンが配置されています。マウスポインタを乗せると、影の部分が拡大して、説明文が表示され、クリックするとあらかじめ決めれらたURLを開きます。

これは、名前の通り「サイトでの作業の開始」という特殊な Web パーツで、残念ながらリンクの内容は変更できません。しかし、SharePoint 2013 には、このデザインのリンクを自由に作成できる「注目リンク」リストが加わりました。

ちなみに SharePoint 2013 ではリストとライブラリをまとめて「アプリ」と表記されるようになったのですが。リスト/ライブラリという名称がなくなった訳ではないので、逆にややこしくなった気がしないではありません(苦笑)

さて、リストに、リンクをアイテムとして登録します。URLの他、背景画像や説明文を設定できます。また、クリック時に別ウィンドウで開くよう指定できるのもポイントです。なお、背景画像はURL指定のみのため、あらかじめどこかにアップロードしておく必要があります。

このリンクを保存すると、このようなメトロ風リンクになります。リンクをポイントすると説明文が表示されます。

背景画像のサイズは 縦横 150px です。それ以上大きい場合、左上を起点に150pxが使用されます(縮小されません)。また、逆に小さい場合は拡大されます。縦横比率はきちんと維持されるのですが、やはり事前に画像サイズを調整しておくほうが綺麗です。

なお、このリストは標準ビューがメトロ表示(タイルビュー)になります。そして、実は、このビューからはリンクの変更が出来ません。リンク(アイテム)を編集するには、リボン/リストから、別のビューに切り替える必要があります。

概要リンクWebパーツに比べると、リンクの表示形式はひとつに限られるものの、見た目の良さや、なによりエンドユーザが直接メンテナンスできるという利点がありますね。これからは、こちらを主に利用していくことになるのかと思います。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity