SharePoint2007における排他的アクセス制御

申し訳ありません。先日の2010でしかできない、という登校は誤りでした。SharePoint2007でも、特定ユーザをアクセス不可に指定できます。

先日のエントリで、SharePoint2010 のみ Webアプリケーションレベルでの「排他的アクセス制御」、つまり特定のユーザや組織を指定して「アクセスを許可しない」という指定ができる─と書いたのですが、これは私の間違いでした。実際には、SharePoint 2007 でもこの設定が可能です。

サーバの全体管理 > アプリケーション構成の管理 > アプリケーションセキュリティ : Webアプリケーションのポリシー

[ユーザの追加]

対象の Webアプリケーションを指定して [次へ]

「ユーザの追加」画面でアカウントと権限を指定して完了です。

[2010] SharePoint サイトへのアクセスを明示的に拒否する


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity