SharePoint サイトコレクション内の使用容量を表示する「skStrgViewer」

株式会社スタジオくまかけ様で提供されているフリーのWebパーツ(正確にはWSP)です。SharePoint に「何故か」無い機能のひとつ「現在の利用容量表示」を実現します。

MOSS 標準の機能は、サイトコレクションにクォータを設定しないと利用できない上、そもそもサイトコレクションの所有者以上の権限でないと見られない、という制約があり、ユーザに「容量を意識したサイト活用」を求める運用には不向きです。しかし、このツールを使えば、それを権限のないエンドユーザにも一覧で可視化できます。

機能は下の画像を「見ればわかる」かと思いますので、実際のインストールから展開までをやや細かくご紹介してみようと思います。

サイトからダウンロードして解凍したした構成ファイル。

普通に setup.bat を実行しますが、環境により修正が必要です。

bat をテキストエディタで開いて、パスを編集します。
これで展開に成功する筈です。

サイトコレクションで機能を有効化します。

すると、専用 Web パーツが利用できるようになります。

これを配置すると容量一覧が表示されます。

実用面ではこれで十分なのですが(日本語化とか細かなみてくれはさておき)、問題は先日同様、やはりサポートなんですよね…。くまかけ様で正式に製品として販売頂くか、さもなければいずれかのベンダ様でソリューションとして提供して頂けると、ユーザとしてはとても助かるのですが…。

株式会社 スタジオくまかけ
http://www.kumakake.com/


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity