SharePoint 2010 SP1を適用するとアプリケーションログに ID 5586 エラーが記録される

@ShrarePoint_X さんのTweetから。自身の備忘録と周知をかねて。SharePoint 2010にSP1を適用すると、アプリケーションログに「ストアドプロシージャ proc_UpdateStatisticsNVP が見つかりません」というエラーが定期的に記録されます。が、無視して大丈夫です。

SharePoint 2010: Missing stored procedure error after installation of SP1
The following error may appear in the application event log of one or more SharePoint servers in the farm on a periodic basis: Unknown SQL Exception 2812 occurred. Additional error information from SQL Server is included below. Could not find stored procedure ‘proc_UpdateStatisticsNVP’.

Health Analyzer のバグのようですね。そもそも存在しないプロシージャをチェックに行き、当然ないのでエラーを報告する、という。そういえばSharePoint Fundationでも「そもそも無料製品なのにライセンスが切れるという警告がでる」という同じようなバグがありました。

SharePoint Health Analyzer でメッセージ「この製品の試用期限がまもなく切れます。」が表示される
http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/sharepoint2010generalja/thread/ce041582-857f-4f3d-9ef7-4d7134dd4567

SharePointは巨大かつ複雑な製品ですから「バグ」が存在するのは、もう仕方ないです。それにしても、正直なところこの位はテストで気付く筈だと思うのですが…いちユーザとして、もう少しテストの精度を上げてほしいです。ねぇMicrosoft様。

なお、KBによると将来のリビジョンで対応予定とのこと。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity