infopath ファイルの参照、削除、および置換をユーザに許可する オプションは嘘

Infopath のコントロールのひとつに、「添付ファイル」があります。で、このコントロールのプロパティに「ファイルの参照、削除、および置換をユーザに許可する(W)」というオプションがあります。

素直に読めば、このチェックを外した場合、ファイルの「参照」「削除」「置換」が出来なくなりそうです─っていうか、じゃあ何が出来るの?(笑)

このオプションは誤訳だと思われます。

実際には、このチェックを外すと、ファイルは「参照専用」になります。添付ファイルをフォームから削除したり、他のファイルで置換したり出来なくなります。テキスト系コントロールの「読み取り専用」オプションと同じですね。

ちなみに、この画像は infopath2003 ですが、2007 も同じ表記になっています。あらら。次の infopath2010 では訂正されるといいんですけどね。

オリジナルの英語表記だと、何と書かれているのでしょうか…だれか教えてください(笑)


これまでのコメント

  1. LainZero より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.19) Gecko/2010031422 Firefox/3.0.19 (.NET CLR 3.5.30729)
    \”Allow the user to browse, delete, and replace files\”

    訳としては間違っていないようです。他のコントロールにある読み取り専用チェックの逆の振る舞いをすると考えればいいのではないでしょうか?

  2. saruhiko より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    なんと!ありがとうございます。
    英語自体がおかしいですね。大変あいすいませんです>日本訳ご担当
    そうですね、ファンクション自体はそのとおりだと認識しています。

login

Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity