SharePointで未読・既読が判る「SP改 未既読機能」

SharePointを運用すると、ほぼ必ずエンドユーザに要望されるのが「既読未読の判定」です。
残念ながらSharePointには、この機能がありません。

また、このサイトで一番アクセスされているコンテンツは何か?いわゆるアクセスランキングの表示も、簡単ではありません。ビルトインの標準レポートは個別アイテムを判定できません。IISログからの解析は可能ですが(IISログからSharePoin のアクセス解析を行う)お世辞にも容易とは言えません。

このニーズに応えるのが、アンク社製品「SP改 未既読機能」です。
SharePoint2007、2010に対応します。

「SP改 未既読機能」概要

「SP改 既読未読機能」はその名前の通り、SharePointに既読/未読を判定する機能を追加します。
もちろんユーザ単位で、かつ一旦「既読」になったものを「未読」に戻すことも可能です。

まず、機能(フィーチャ)を有効化すると、リストの設定画面にオプションが追加されます。

次にリストで機能を有効化します。この際、更新時に既読を未読に戻すかどうかのオプションを指定できます。「既読登録するビュー」は、ディスカッション掲示板のように「ビュー開いただけで既読にする」オプションです。

設定により既読未読アイコン列をビューに表示することができるようになります。アイコンはアイテム・ファイルに一度アクセスすると「既読」になり、また既読アイコンをクリックするすると未読に戻ります。なお、アイコン画像はシステム管理者が任意のものに差換えることができます。

さらに、この未既読機能を有効にしたサイトでは、専用のアクセスランキングWebパーツを利用できます。

Webパーツは、未既読機能が設定されたリストおよびライブラリのアクセスを集計し、ヒット順に表示します。このヒット数は重複が除外されているため、とても正確です(1人が何度アクセスしても+1)。

製品内部仕様

SharePointのコンテンツデータベース内に専用のテーブルを作成し、そこにアイテム単位で閲覧履歴をストアします。この仕様上、個々のデータ量は微々たるものですが、アイテム(ファイル)数が多く、かつアクティブなユーザが多い環境では、レコードが膨大な件数になる場合があります。

製品としてはテーブルのチューニングには十分な配慮がなされており、パフォーマンス面での影響は原則としてありません。しかし、とくに大規模環境で利用される場合には、運用・設計面での考慮が必要です。(より詳しい情報はアンク社サイトの「技術情報」をご参照ください)。

ライセンス価格とサポート

■WFEライセンス(※WFEサーバ台数必要です)

2010-Standard   : 120,000円(年間アップデート権 24,000円)
2010-Professional : 180,000円(年間アップデート権 36,000円)
2007-Standard   : 95,000円(年間アップデート権 19,000円)
2007-Professional : 145,000円(年間アップデート権 29,000円)

■ファームライセンス

2010-Standard   : 370,000円(年間アップデート権 74,000円)
2010-Professional : 620,000円(年間アップデート権 124,000円)
2007-Standard   : 295,000円(年間アップデート権 59,000円)
2007-Professional : 495,000円(年間アップデート権 99,000円)

■サポート

年間サポート 200,000円

・製造元ANK社が製品仕様に関するご質問から技術支援まで、サポート対応を行います。
・原則として年間40時間を上限とします(追加は別途お見積もり致します)
サポートは必須ではありませんが、一定規模以上のお客様には強くお勧めします

試用版・お問い合わせ・お見積もり

SharePoint Maniacsでは、本製品をお取扱いしております。

製品の性質上、お客様の環境により正しく動作しない場合があります。必ず試用版にてテストをお願いいたします。Standard版はANK社Webサイト よりダウンロードできます。Professional版につきましては、弊社までお問い合わせ下さい。

この製品に関するお問い合わせや、お見積もりのご依頼は[お問い合わせ]からお願いいたします。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity