SharePoint のバージョン番号(ビルドナンバー)

単にアップデート計画だけでなく、どちらかと言えばトラブル時に重要になるのが、SharePoint のバージョン(どちらかと言えばリビジョン)です。これは、構成データベースの「ビルドナンバー」で確認できるのですが、11桁の数値のため、見ただけでは判りません。ビルドナンバーは、RTMからCUやSPを適用する都度、増えていきますので、後から確認するには対照表が必要です。

この情報をまとめているブログがいくつかあるので、ブックマークに入れておくと良いでしょう。

SharePoint 2007/WSS:
Build Numbers (Cube Sheet) for MOSS/WSS

SharePoint 2010:
SharePoint 2010 Build Numbers
SP2010: SharePoint 2010 build level and version numbers

ただ、いずれも(関係者とはいえ)個人ブログですので、更新が保証されている訳ではない点に注意。まあ 2007/WSSはもうサポート終了(延長サポートは継続中)のためこれ以上増えないはずですが。そもそも、何故この情報が MSDN などにオフィシャルな情報として纏められていないのかがが疑問です…

なお、もう SharePoint 2013 のビルド番号をまとめている方もいます。
SharePoint 2013 Internal Version Numbers

SharePoint 2010 でバージョン(リビジョン)を確認する方法


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity