Microsoftが企業ソーシャル「Yammer」を買収!…さよなら個人用サイト?

一昨日夜あたりから「買収交渉中か?」というニュースが飛び交っていましたが、昨日にはもう買収が確定していてびっくりです。

マイクロソフト、企業向けSNSのヤマーを800億円で買収へ
米マイクロソフトは企業向けソフトウエア開発、ヤマーを10億ドル(約800億円)以上で買収する。ヤマーが身売り案に合意した。事情に詳しい筋が明らかにした。同関係筋によると、買収の完了時期や、発表時期は明らかになっていない。マイクロソフトの広報担当者はコメントを控えた。ヤマーの関係者もコメントの求めにすぐには応じていない。
http://jp.wsj.com/IT/node_461423

800億円…

Yammerについては以前にもこのブログでご紹介した事がありますが、Web上の「TwitterをベースのFacebook的機能を実装したクローズドSNS」です。最初から企業での導入を前提としている、いわゆるエンタープラズ・ソーシャルの大手。日本だと楽天が最大の導入事例かな?

上記記事でも指摘されているように、YammerはSharePointのソーシャル機能と正面からバッティングします。ただ、SharePointの「ソーシャル」はねぇ。まあ、ご存知の通り、ツギハギだらけで2010年時点ですでにアレなレベルでしたので。Webでも特に変化の速いソーシャル領域において、2012年時点で…お察し下さい(苦笑)

なので、個人的には、この際 Microsoft さんが「個人用サイト」周辺の仕組みを実質放棄して、完全にYammerベースで再構築してくれることを期待しています。ただ、同じように鳴り物入りで買収されたSkypeを見ていると、次のSharePointに間に合うかどうか、微妙ですが…。

ただ、この話にはもう一段「そもそも」があります。最近流行の「エンタープラズ・ソーシャル」ですが、私の見るところ、もの凄い勢いで所謂バズワード化してます。既にいろいろとサービス・製品があり、これから更に増える勢いなのですが、その行き着くところは何処でしょうね?

「ソーシャル」それも「企業ソーシャル」とは何か。それでビジネスの何が変わるのか(もっと言えばそれ儲かるのか)。その構成要素(機能)とは何か。そして何故、既存のメールやファイルサーバ、グループウェアでは駄目なのか?

私自身、このあたりのキチンとした説明を見たことは、残念ながらありません。

このテーマについては、どこかで別途、まとめたいと思っていますが…とりあえず、本日のところ「Yammerでぜひ個人サイト再構築を!」とメッセージを発信してみます(笑)

まとめました:
企業には「エンタープライズ・ソーシャル(企業内SNS)」など不要だ。とりあえずは。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity