SharePointのクラウド(Office365)なら「たよれ~る(大塚商会)」でもう良いかもしれないというお話

クラウドのSharePoint(SharePoint Online)の活用を検討するなら、まずは大塚商会さんを検討されると良いかもしれません。

グループウェアのクラウド化が昨今話題ですが、SharePointにも Microsoftが提供する「SharePoint Online(Office356)」があります。前身の「BPOS」は SharePoint 2007 ベースで制約も多く、あまり使い勝手が良いとは言い難い面がありました。しかし後継「Office365」では SharePoint 2010 ベースになり、かなり実用性が向上しています。

さて、Office365 は公式WEBサイトからライセンスを購入します。月額/ユーザ数課金です。

Office365公式
http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/online-software.aspx

しかし、Office365 のライセンスはMicrosoftのパートナから購入することもできます。この場合、パートナ独自のサービスを受けることが可能です。各パートナは必ず Microsoft から発行された「パートナID」を持っており、ライセンスを既に Microsoft から購入している場合でも、ライセンス管理画面でこのIDを入力することでパートナを指定できます。ということは、いつでもパートナを切替られるという怖ろしい仕様なのですが(苦笑)

さて、大塚商会さんですが、「たよれ~る」というサービス名で Office365 の販売/サポートを行われています。

たよれーる Office 365
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/tayoreru/office365/

サービス名がややどうなんだろう?という感じですが(笑)、導入からその後のサポート、決済処理まですべて大塚商会さんに担当して貰える、文字通り「頼れる」サービスになっています。

特に、サポートが大塚商会さんの専用コールセンターというのはとても大きなポイント。標準の(Microsoftによる)サポートは基本的にオンラインですし、まあ、決して悪いとは言いませんが、日本人感覚ですとかなり物足りない部分もあるのが現状です。

にも関わらず価格は Microsoft からライセンスを購入した場合と同じ。つまり、顧客(ユーザ企業)は一切のオンコストなしで、日本企業によるサポートを受けられます。

大塚商会 たよれ~る価格
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/tayoreru/office365/price/
Office365価格
http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/buy-midsize-enterprise.aspx

この Office365 のパートナには一定の条件を満たせばなれるので、実はウチの会社もパートナだったりするのですが…。正直、こまで徹底したサービスされてしまうと、ユーザの利益を考えれば迷わず当社でなく大塚商会さんをお勧めせざるを得ません(苦笑)

まだ「Exchange をクラウド化したついでにライセンスがついてきたから SharePoint を使う」というケースが多いようですが、クラウドはこれから益々伸びるでしょうし、すると SharePoint 活用という観点で、私の出番もあるといいなぁ(笑)


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity