Webパーツからアイテムを開くと権限があるのにアクセス拒否される

SharePoint2007において、あるユーザがリストに対して確実にアクセス権があるにも関わらず、サイトに配置されたWebパーツからアイテムを開こうとすると、何故か「アクセス拒否」されることがあります。


ところが、リストを開いて、そのビューからアイテムを開くと、こんどは普通に開けます。


この現象は、以下の条件で発生します。 1. サイトコレクションで発行インフラストラクチャ機能が有効になっている。 2. ルート直下のスタイルライブラリのアクセス権が変更されエンドユーザが中のファイルを閲覧できなくなっている。

通常、スタイルライブラリにはデフォルトのグループに閲覧権限が付与されています。しかし、これらを削除すると(どちらかと言えば正しい判断だと思いますが)、結果的にこのライブラリに格納された構成ファイルをユーザが閲覧できなくなります。どうやらWebパーツからアイテムを開く際には、スタイルライブラリに何らかの参照が行われるようで(さすがにどのファイルかは判りません)、この場合「アクセス拒否」が発生します。

対策としては、忘れずにスタイルライブラリにすべてのユーザが閲覧権限を持つよう設定することですね。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity