SharePoint 2010 での統計情報の更新とインデックス断片化解消処理に関するまとめ(ゲスト寄稿)

SQL Server の処理速度に関係する統計情報とインデックスのメンテナンスは SharePoint Server 2010 では Health Analyzer のルールで定期的に行われるようになり、基本的には気にしなくてもよい、と思っているのですが、どのような処理が行われているか、technetの記事から抜粋してメモを作成しました。
このエントリは SharePoint エンジニア みたきまゆみ さんに寄稿頂きました

基本的に、SQL の設定で、統計情報の自動更新はオフになっていて、SharePoint 2010 の Health Analyzer のルールで、インデックスの断片化の解消と統計情報の更新処理が行われます。

インデックス断片化の解消処理

インデックスの断片化の有無をチェック→
断片化有り→Health Analyzerでレポートがあがる→
断片化の割合にあわせてインデックスの再構成または再構築が実行される

・断片化30%以上:
 インデックスのオフライン再構築(SQL Standard)
 インデックスのオンライン再構築(SQL Enterprise)

(参考)SharePointで使用されているデータベースのインデックスは断片化されています。(日単位)

インデックス断片化の解消処理:対象データベース

・構成データベース
・コンテンツ データベース
・User Profile Service アプリケーションのプロファイル データベース
・User Profile Service アプリケーションのソーシャル データベース
・Web Analytics Service アプリケーションのレポート データベース
・Web Analytics Service アプリケーションのステージング データベース
・Word Automation Services データベース

インデックス断片化の解消処理:独自ルールのデータベース

・検索プロパティ
・検索クロール

検索プロパティと検索クロールはコンテンツデータベースとは異なる頻度で断片化がおきるため、独自の Health Analyzer が設定されている。

(参考)1 つ以上の Search クロール データベースに断片化されたインデックスがあります(週単位)
(参考)インデックスが断片化されている検索プロパティ データベースがあります(時間単位)

インデックス断片化の解消処理:対象外のデータベース

・検索管理データベース
・Secure Store データベース
・State Service データベース
・Profile Sync データベース
・利用状況データベース
・Managed Metadata データベース
・Business Connectivity Services データベース
・PerformancePoint Services データベース

通常、これらのデータベースはあまり断片化が発生しないが、インデックスの断片化を確認して30%を超えている場合は、SQLでメンテナンスプラン(インデックス再構成/インデックス再構築/統計情報の更新)を作って定期的に修復できるようにする。

インデックス断片化の解消処理:テーブルを指定した断片化の抑制

データベース全体ではなく、特定のテーブルに関連付けられたインデックスを最適化するには、テーブルを明示的に指定してインデックスを再構成または再構築することもできる。断片化を確認して、割合に応じて再構成/再構築を行う。

・断片化10%未満
 インデックスの再構成
・断片化10%~75%
 インデックスのオフライン再構築(SQL Standard)
 インデックスのオンライン再構築(SQL Enterprise)
・断片化75%以上
 インデックスのオフライン再構築

統計情報のメンテナンス

SharePoint が自動的に統計情報をチェック→統計情報が古い→
Health Analyzerでレポートがあがる→
自動修復が実行され統計情報が更新される

(参考)SharePointで使用されているデータベースには、古いインデックス統計情報があります。(日単位)

その他の関連リソース(technet)

SharePoint Server 2010 ファームにおける SQL Server 2008 のベスト プラクティス
※ 統計情報の自動更新をオフにすることが推奨の記述あり
SharePoint Server 2010 のデータベース メンテナンス
※ Health Analyzer のルールで、統計情報の更新とインデックス断片化の処理が実行されている説明あり
SharePoint Health Analyzer ルール リファレンス (SharePoint Server 2010)
タイマー ジョブ リファレンス (SharePoint Server 2010)

みたきまゆみ筆者プロフィール:みたきまゆみ
大手 SIer の子会社で SQL Server や SharePoint の提案、構築、保守などを担当していたり。といってもインフラがメインなので、開発できる人を尊敬してます。趣味は飲み会の企画デス。

Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity