stsadmでサイトコレクションのURLを変更する(移動する)

サイトコレクションのURLは作成時に一度設定すると、以後変更することができません。例外として、stsadm コマンドの renamesite がありますが、これは host-named サイトコレクション、つまりルートのサイトコレクション( = ドメイン)を変更するためのコマンドで、それ以外の管理パスを利用した path-based サイトコレクションには利用できません。

Renamesite: Stsadm operation (Office SharePoint Server)
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc263038(office.12).aspx

サイトコレクションのURLを変更するには、本来の用途ではありませんが、stsamd コマンドで一度サイトコレクションをバックアップ→削除→リストア時に別のURLを指定する必要があります。

■stsadm.exeのディレクトリ※2007
cd C:¥Program Files¥Common Files¥Microsoft Shared¥web server extensions¥12¥BIN

■バックアップ
stsadm -o backup -url http://winserver2003r2/sites/FROM -overwrite -nositelock -filename D:¥backup.dat

実運用では、-nositelock オプションは利用せず、バックアップ前にそのサイトをロック(閲覧のみ可能)にしておく方が良いでしょう。これはやはり stsadm コマンドの setsitelock で行います。
readonly でロック、none でロック解除です。

stsadm -o setsitelock -url http://winserver2003r2/sites/FROM -lock readonly
stsadm -o setsitelock -url http://winserver2003r2/sites/FROM -lock none

■削除
stsadm -o deletesite -url http://winserver2003r2/sites/FROM

もちろん全体管理の GUI から削除しても問題ありません。

■リストア
stsadm -o restore -url http://winserver2003r2/sites/TO -filename D:¥backup.dat

なお、上記の例は単純にサイトコレクションの URL を変更していますが、同様の手順で、サイトコレクションを異なる管理パスの配下に移動したり、、別のコンテンツデータベースに「移設」することも可能です。

SharePoint Designer は SPS2007 サイトをバックアップ・復元できない
stsadm.exe でアップグレードしたチームサイトをを統合する


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity