Amazon Web Services (AWS)でSharePointをホストするホワイトペーパ

AWSで、SharePointホスティングに関するホワイトペーパーが発表されました。つまり、クラウド上のサーバにSharePointをインストールして自社環境同様に利用できる、という訳です。実は Microsoft の Azure ではまだこれが出来ないので、AWSで本当に実用できるのか、は興味深いところ。

Microsoft SharePoint Server on AWS Reference Architecture White Paper

このホワイトペーパーはAWS上でSharePointサービスを使う方法について一般的な概念について説明し、AWS上でSharePointサーバーファームを設定、デプロイ、運用する方法について詳細なテクニカルガイダンスも提供しています。またこのホワイトペーパーは、共通のSharePointサーバーのデプロイのシナリオに対するリファレンスアーキテクチャを示しており、ネットワーク、セキュリティ、デプロイの設定についても説明してますので、これを読めば自信を持ってクラウド上でSharePointサーバー郡を運用すうことができるでしょう。(Amazon Web Services ブログ)

残念ながら英語ですが(笑)
私もこれから読みます。かなり手強そう…

Microsoft が提供するクラウドの SharePoint としては Office365 の SharePoint Online がある訳ですが。しかし、これが本当に「クラウド」かと言われると、少々疑問なんですよね。ミもフタもありませんが、単なるSaaSではないかと。

まあ「クラウド」の定義はさておくとしても、例えばレスポンス・リソースの問題やカスタムアプリケーションの導入、データベースレベルの管理など、Office 365では難しい部分も少なくありません(特に大規模ユーザ)。

こうなるとやはり、行き着くところはプライベート・クラウドなのでしょう。Office 365では確か万単位のユーザ数でないとプライベート契約は出来なかった筈ですが、AWSなら小規模から始められますね(しかし何故 Azure でこれが出来ないのだろう)

あと気になるのはやはりお値段。SharePointはネットワークもデータベースも酷使(苦笑)しますから、実運用ベースでどの程度の課金が発生するものなのか。シナリオに応じた試算を見てみたいところです。


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity