SharePoint Server 2010 パブリックβ版が11月リリース

世間さまは Windows7 で盛り上がっていますが、そんな中、SharePoint2010 のパブリックβが11月にリリースされることが発表されました。

Microsoft、SharePoint Server 2010とOffice 2010のパブリックβ版を11月リリース
米Microsoftは10月19日(米国時間)、「Microsoft Office 2010」とポータルサーバー「Microsoft SharePoint Server 2010」のパブリックベータ版を11月にリリースすると発表した。SharePoint Server 2010の新機能を紹介するのは初めて。新ユーザーインターフェイス「ribbon」を導入したほか、Officeとの統合を強化したという。
発表したSteve Ballmer CEOは、SharePointのビジネス・コラボレーション・プラットフォームとしての特徴を強調。1)リッチコンテンツやコラボレーションのアプリ開発を容易にしてビジネスニーズに迅速に対応、2)売上増や顧客保持につながるビジネス向けインターネットサイト機能の強化、3)オンプレミスからクラウドまで選べる柔軟性、の3点の特徴を挙げた。
SharePoint Server 2010は、動画、オーディオ、Silverlightなどのリッチメディアのサポートを組み込み、ダイナミックなWebサイトを容易に構築できる。また「Business Connectivity Services」でSharePointのWebサービスとOfficeクライアントの機能を接続し、「SharePoint Online」でインタラクティブコンテンツを組織をまたがって、利用、共有、安全に保護、管理できるという。正式版のリリースは2010年の予定。

取り立てて目新しい内容ではありませんが、少なくとも開発が順調に進んでいるようです。

SharePoint2010


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity