MOSSのワークフローで動的にアクセス権を制御する─方法の落とし穴

昨日のエントリの続きです。

アイテムの列値に対応して、ワークフローで、アイテムの権限を変更することで「下書き」機能を実現しようとしたわけですが…。ワークフロー自体は上手く動いたものの、ひとつ大きな問題がでてきてしまいました。

「通知」です。

「通知」は MOSS の基本機能で、ウリのひとつでもあると思うのですが。この処理が、どうやらワークフローよりも前に動いてしまう仕様になっているのです。

つまり、

アイテムを新規登録/編集

↓←通知がキックされる

WFが起動してアクセス権を編集

こんな関係になっています。
なんて頭の悪い仕様なんだ…orz

ワークフローがアクセス権を制御する前に、通知が働くため。「下書き状態」でも、通知を設定したユーザにはメールが飛んでしまうんですね。しかも、「お知らせ」リストを使用している場合、通知メールに本文も含まれますので…下書きの意味、無し(苦笑)

こうして、SharePoint 2007 に「下書きとして保存」機能をつけようとした私の野望(?)は、またも頓挫したのでした。でもまだ諦めてませんよ~


Author

中村 和彦(シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表)が「ユーザ視点の SharePoint 情報」を発信します。元大手製造業 SharePoint 運用担当。現SharePoint コンサルタント。お仕事のお問い合わせはこちらまでお願いします。当ブログにおける発信内容は個人に帰属し所属組織の公式発信/見解ではありません。
Twitter : @saruhiko
FB : 中村 和彦
MS MVP SharePoint 2009/10-2011/9
MS MVP Office 365 2012/10-

FaceBook Activity